トイレのウォシュレットから水漏れが起こったら

ウォシュレットは、温水洗浄便座とも呼ばれています。現在、家庭におけるウォシュレットの普及率は約60パーセントと、商業施設やホテルだけではなく各家庭でも当たり前に使われるようになってきました。 便利で快適なウォシュレットであっても、水漏れが発生することがあります。トイレタンクの水漏れの次に多いのが、ウォシュレットの水漏れであるともいわれています。ウォシュレット 水漏れの原因や対処法を確認し、非常事態に備えましょう。

■ウォシュレット 水漏れの原因

ウォシュレット 水漏れは、各パーツの接続部分のボルトやナットなどのゆるみ、パッキンの劣化など部品の不良が関係している可能性があります。水漏れが起こりやすい場所は、手元の作動ボタンの裏側やトイレタンクなど様々です。温水が出てくるノズル部分は細くてカルキや汚れが詰まりやすいため、目詰まりを起こすことがあります。
また、元栓が開きすぎていると水圧が高くなるため、ウォシュレットの内部に水がたくさん流れ込んできてしまい、接続部分や隙間から水が漏れてくることがあります。 ウォシュレットは電化製品ですので、細かなパーツを組み合わせて構成されているデリケートなものです。機械の故障が原因で水漏れが発生する場合もあります。

ウォシュレット 水漏れの対処法

水漏れが起こったら、止水栓を閉めると同時に感電や火災のリスクを避けるために、コンセントが濡れないように注意しましょう。ウォシュレットトイレでは、ポタポタと少量の水が漏れる状態になることが多いため、一見自分でも簡単に修理できそうな印象を受けます。しかし、家庭に普及しているウォシュレットであっても、内部は他の電化製品と同じく複雑な構造になっており、原因がはっきりしない場合や大掛かりな修理に自分で手出しするのは避けた方が無難です。 ただし、ボルトやナットを締め直す、元栓の開きを小さくするなどの簡単な対処法なら自力でもできるでしょう。ノズルの目詰まりは、ノズルの部分をゆっくりと手前に引き出してブラシでやさしく掃除すると解消されることが多いようです。ノズルを自動洗浄してくれる機種なら、電源を入れてノズル掃除のボタンを押すと自動できれいになります。

■まとめ
機械の故障が原因で水が漏れている場合、自分で修理しようとして下手に触ってしまい、かえって大きなトラブルに発展してしまったというケースがあります。ウォシュレット本体を交換することになってしまった事例も多く発生しており、簡単な対処法が通用しない場合には修理業者に依頼した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ