トイレの水漏れを修理業者に任せるときは

トイレの水漏れの修理を業者に依頼するのであれば、料金や施工内容に納得した上で依頼したいという人は少なくありません。水漏れの量が多い緊急の場合以外は、数社から見積もりを取り、比較検討した上でどの会社に依頼するか決定すると良いでしょう。修理業者を選ぶ際のポイントや依頼したときの流れやについて、事前にチェックしておけば安心です。

■トイレ 水漏れの修理の流れ

修理業者に依頼する際の大まかな流れを確認しましょう。詳しい流れは、業者のウェブサイトに記載されている場合もあります。
まず、修理依頼のコールセンターへ電話するなどして、出張点検の依頼をします。最寄りの営業所や支店から作業員が自宅に派遣され、水漏れ箇所の点検を行った上で、修理にかかる費用や施工の内容を記載した見積書を提示してもらいます。見積書の内容に同意すれば修理作業に入ります。作業が完了した後、見積書で提示された料金を支払うというのが一般的な流れです。

■トイレ 水漏れの修理業者を選ぶ際のポイント

見積もりの金額や施工内容に同意できない場合は、その場で依頼をキャンセルすることができます。しかし、見積費や出張費が有料であった場合、自宅に作業員を呼んだ時点ですでに料金が発生しています。そのためキャンセルするのはもったいないという気持ちになってしまい、見積もりの内容に納得ができないまま依頼してしまうということもあります。そのため、修理業者を選ぶ際は出張費や点検、見積もりなどが無料かどうかをチェックしましょう。
また、トイレ 水漏れ対応はできる限り早い方が良いので、スピーディーに対応してくれる修理業者を選ぶことが肝心です。営業所が自宅の近くにあり、作業員をすぐに派遣してくれる会社を選びましょう。
深夜などにトイレ 水漏れが突然起こったとき、現金の持ち合わせがないことも考えられます。その場合は、クレジットカードが利用できるような現金以外の支払い方法が選択可能だと便利です。他にも振込用紙での銀行やコンビニからの後日入金など後日の支払いに対応している業者は良心的です。

■まとめ
自分で部品やパーツを用意した場合でも、その取り付け費用が発生する場合があります。また、交換する部品やパーツがある場合は、その材料費がかかります。
修理業者によっては、夜間料金や早朝料金を設定しているところもありますので、事前に確認しましょう。水漏れの量がわずかで特に緊急の場合でなければ、割増料金の発生する時間帯を避けて作業してもらうのが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ