トイレの便器の水漏れでは便器の交換が必要になることも

自宅のトイレの水漏れの原因が便器本体だと判明したら、すみやかに修理を行う必要があります。市販の防水テープやパテでひび割れを埋めるだけの応急処置では、その後もずっと使い続けることは難しいです。ひび割れが大きくなって、さらに水漏れが悪化してしまうことも考えられます。ひび割れの大きさによっては、トイレの便器本体の交換が必要になります。

■トイレの交換は自分でもできるが、素人には難易度の高い作業

トイレの便器は、業者に依頼せず自分でも交換することが可能です。便器と必要な工具類を購入して取り付けをします。便器本体の相場は、メーカーによって差があり、10万円以下のものから数十万円のものまであります。
ただし、便器の交換、取り付けは修理というよりもリフォームの範疇であり、専門的な知識を必要とする場合が多々あります。便器の種類によっては、元あった配管がそのまま使えず、床を解体して行う大掛かりな配管工事が必要なケースもあります。便器とタンクの連結部分のボルトやパッキンの交換だけなら、ホームセンターで手に入る汎用品で事足りる場合は材料費も安価で済みます。作業も比較的単純ですが、便器自体の交換となるとやはり素人には難易度が高い作業となっています。交換作業や修理の経験がない人は安易に手を出さない方が賢明です。

トイレの交換は修理業者に任せることが手軽で安く上がる場合も

難易度の高い作業に労力や時間を費やしたにもかかわらず、修理に失敗して結局修理業者を呼ぶことになってしまうことも考えられます。買いそろえた工具やパーツなども無駄になってしまうでしょう。便器の交換に関しては、自分で修理するよりも、最初から修理業者に依頼した方が結果的に費用も安くなる場合があります。便器本体の価格も、自分で購入するよりも業者を通した方が安価に購入できることもありますのでよく確認しておきましょう。
便器は磁器製のものが多く、取り扱いには細心の注意が必要となります。交換時に便器を外した際、衝撃を与えると割れることもあり、さらなる水漏れ被害が起こらないとも限りません。やはり専門家に任せた方が安全で確実です。

■まとめ
トイレの便器の交換は修理業者に依頼して、リスクを最小限に抑えることをおすすめします。24時間受付、365日営業をしている便利な会社もあります。24時間受付なら、深夜に水漏れしたとしてもすぐに修理を申し込んでおけます。深夜や早朝などの対応をしてくれる修理業者なら緊急時にすぐに駆け付けてもらえますし、緊急でないなら翌日すぐに対応してもらうことも可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ