トイレの水漏れの対処法

トイレの水漏れの対処法 住居のなかで必要な設備のひとつであるトイレの水漏れは、どの家庭にでも起こりうることです。突然家のトイレから水が漏れたら、慌てずに正しく対処することが大切です。
まずは水をストップさせてから、水漏れの原因となっている場所の特定をして、きちんと修理を行うことです。修理を行わずに放っておくと、水漏れが余計にひどくなることも考えられます。少しだけ水が漏れている状態でも、使用することはできるのでそのまま使ってしまっているという人もいるでしょう。しかし、じわじわと建材を傷めてしまうという事態にもなりかねません。場合によっては、パイプやトイレの交換が発生することもあります。

■止水栓を閉めて被害を最小限にとどめる

まずは止水栓を閉めておきましょう。水をいったん止めてしまえば、それ以上水が漏れることはありませんし、ゆっくりと落ち着いて原因を特定する作業ができます。漏れている水の量が多い場合は原因特定作業が難しくなります。原因を特定する前に古いタオルやぞうきんを敷き詰めて、水を吸わせます。床が水浸しになって傷んでしまったり、下の階にまで被害が及んだりする可能性がありますので、早めの対処が重要です。

■水漏れの原因を特定する
止水栓を閉めて水を止めたら、次にどの場所から水漏れをしているのかを突き止めましょう。水が漏れることが多い場所として、タンク、給水管、ウォシュレットなどが挙げられます。そのなかで最も多いのが、タンクの水漏れです。
原因となっている場所の周辺から水が漏れていることがほとんどですので、そういった場合は場所の特定はしやすいのです。しかし漏れている水の量がごく少量であった場合や原因が床であった場合は、原因の特定が難しいこともあります。水漏れしている場所の近くをよく観察して、ひび割れや劣化している部品はないかどうかを調べましょう。

■トイレの水漏れの対処法

トイレから水が漏れるのは、ネジやパッキンなどの細かな部品や、タンクやパイプなどのパーツ自体の経年劣化によるひび割れや取り付け位置のずれから起こることがほとんどです。例えば、タンクから水が漏れる原因の多くは、タンクに使われている浮き球や浮きゴムなどの各部品が老朽化して正しく機能していなかったり、位置がずれてしまっていたりすることです。この場合、部品の交換や再度の取り付け作業が必要となります。
ホームセンターで工具や部品を買ってきて、自分で修理することは可能です。ただ、トイレの消耗品は100円から3,000円程度と安価で購入できますが、専門工具類は高価なものがあります。また、取り付け交換に専門的な知識が必要なパーツもあります。無理して自分で修理して失敗してしまい、余計な手間と時間を費やしてしまうことも考えられます。原因の特定が難しい場合や修理できる自信がない時は、最初から修理業者に任せておく方が早くて確実でしょう。便器のひび割れ箇所から水が漏れていて、修理業者が来るまでの間の応急処置として水が漏れるのを防ぎたい場合は、防水テープやパテなどでひび割れている箇所をふさぐという方法もあります。

■まとめ
ある日突然トイレから水が漏れてきてしまうという事態を未然に防ぐためには、日ごろの点検が大切です。小さな異変も見逃したり放置したりせず、被害を最小限にとどめるようにしましょう。長年使っているパーツや部品類は劣化していることが考えられますので、早期に交換すると今後の大きなトラブルを未然に防ぐことができます。
トイレタンクに節水のためにペットボトルを入れている家庭がありますが、このペットボトルがトイレタンク内で倒れることで浮き球が外れることがあります。浮き球の外れは水が漏れる原因になりますので、トイレタンクにペットボトルを入れるのはおすすめできません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース